STAFF

峰動物病院の院長からごあいさつ

2132E.jpg

院長:沖山 峯保

当院は昭和49年10月31日に開院し、当初小規模な動物病院として出発いたしましたが、地域の皆様に支えられて徐々に拡張してまいりました。 JR大井町駅に程近く、東急大井町線下神明の駅前で品川区役所からも数分という好立地・好環境に恵まれて、病院の設備・人材ともに地域でトップクラスと自負しております。

さて近年、ヒトの医療と同様ペットの医療も高度化が進み、以前ではわからなかった難しい疾患も検査技術の向上に伴い診断がつくようになり、また治療の方法も多様化によって様々な選択肢が選べるようになりました。当院ではその変化に対応し、「質の高い」「動物に優しい」医療を目指しております。
その一方で、医療はチーム医療でないと対応が難しくなってきており、経験と知識を身につけたスタッフがお互いに信頼し合い、不足を補い合う心のこもったチームを作ることが重要になっております。さらに、このチーム医療は医療者側のチームだけでなく患者さんも含めたチームでなければならないと考えます。そのため患者さんと医療者とが、お互いに信頼し合える関係を築くことが必要なのだと思います。

私たちは常に現状に満足することなく医療内容の向上に努め、少しでも多くのペットたちに心のこもった医療を安全に提供できるよう最大限の努力をしてまいります。

今後も更に精進を重ねる所存ですので、皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。



2132E-2.jpg